MENU

フィッツケース(fits)押入れ用などサイズ詳細とおすすめポイント

 

プラスチックケース専門店の「テンマのフィッツケース(fits)」を紹介します。

 

サイズ一覧表

 

サイズを見るにはこちらが一番便利です。フィッツシリーズは全27種類あります。
押入れ用、クローゼット用、リビング収納(小物)、隙間収納とありますが、よく売れているのは押入れ用と、クローゼット用だと思います。

 

ほとんどの品番でキャスターが対応しているのでケースを動かすの可能性のある場所にも便利です。

 

 

押入れ用が8種類

フィッツケース(fits)押入れ用などサイズ詳細とおすすめポイント

 

押入れ用は奥行きがほとんどすべて74cm(「ミドル」という奥行き66cmという特殊なのが1つだけあります)になっていて、 一般的な間取りに対して無駄のないベストな長さになっています。
ちなみに、押入れの有効内寸は80cmほどです。

 

フィッツケース(fits)押入れ用などサイズ詳細とおすすめポイント

 

奥行きだけでなく横幅にも注目です。
公団サイズは39cm幅が二つでジャスト、関東間では39cm と44cmを合わせるとベストな大きさで作られています。

 

わからない方はおうちの押入れの幅を測ってみてください。

 

 

クローゼット用が10種類

フィッツケース(fits)押入れ用などサイズ詳細とおすすめポイント

 

クローゼット用は奥行きがすべて53cmになっていて、(一般的なクローゼットがこの長さというわけでもないですが)押入れの3/4の奥行きで設計された奥行きが浅めのクローゼット(有効内寸60cm程度)に対して無駄のない大きさになっています。

 

 

異素材の前枠でたわみにくい

フィッツケース(fits)押入れ用などサイズ詳細とおすすめポイント

 

全体は衣装ケースなどでも定番のプラスチック「ポリプロピレン」でできていますが、前枠は「スチロール樹脂」という硬い樹脂でできています。

 

使用しているのは前枠のみですが、これでもポリプロピレンのみで作られた収納ケースと比べると、かなり頑丈さがUPします。

 

 

おすすめポイントは企画継続性!

 

私がフィッツケース(fits)を一番おすすめしたいポイントはズバリここです。

 

1988年に発売されてから約30年近くも、大きさが変わっていないシリーズです。

 

 

1988年で検索するとこんな画像が出てきました(笑)
もう、相当昔です^^;

 

企画や大きさが変わるとなぜ不便かと言いますと、買い足しがしにくくなります
「前買ったのと同じサイズを上に乗っけたいんだけど」と言った時に違うサイズだと買う気になりませんし、「数年前に買ったやつと同じだと思って買ったら、大きさが変わっていた(TT)」なんてことになりたくありませんよね。

 

置きたいところにきっちりぴったりおいてこそ綺麗な収納はできますし、引越しや模様替えにも柔軟に対応できるので買い足しがしやすいというのは重要なポイントです。

 

フィッツは30年近くも大きさを変えずにブレずに、この大きさ一筋で長く販売されている収納ケースです。

 

 

フィッツユニットケースとの違いは?

フィッツケース(fits)押入れ用などサイズ詳細とおすすめポイント

 

姉妹シリーズには、「フィッツユニットケース」というシリーズがあり、違いは色々あるのですが、

 

フィッツケースに比べて種類の展開が少ないのと、少し価格が高いです。
押し入れ用が6タイプ、クローゼット用が9タイプの全15種類となっています。(小さめ用はありません。)

 

また、機能的にはフィッツケースを越えています

 

よく、フィッツケースとフィッツユニットケース、どちらを買おうかな?と迷う方がいるのですが、
私の経験上、だいたいが機能面でまさるフィッツユニットケースを選ぶ方が多いです。

 

だったらフィッツユニットケースが一番だろ!と突っ込みはあるかと思いますが、フィッツに比べて少々高いのと認知度がやや低いので収納ケースおすすめランキングからは外しました。

 

フィッツユニットケースは
@前枠部分に金属を使っていてさらに丈夫
A前倒れ防止機能が全品番対応(フィッツケースは一部対応)
B落下防止機能が全品番対応(フィッツケースは一部対応)
C引き出す力が1/7になったので軽い
Dオプションの「棚」が追加できる
E内寸がフィッツケースより少々無駄が多い

 

この中で、一番の優秀ポイントは、やはりDのオプションの「棚」が追加できるという点です。
フィッツケース(fits)押入れ用などサイズ詳細とおすすめポイント
↑ケースとケースの間に棚を置くことができる!

 

この棚の幅は15cmと30cmの2種類があり、「収納ケースの横のスペースがなんかもったいないよ。」という時にとても便利です。

 

詳しい比較はこちらがわかりやすいです。
フィッツケースとフィッツユニットケースの違い

 

「フィッツケースも良さそうだけど、もう少しお金を出して無駄のない機能的な収納ケースが欲しい」という方におすすめです。

 

 

取扱店は?ホームセンターに売ってる?

フィッツケース(fits)押入れ用などサイズ詳細とおすすめポイント

 

フィッツケースは割と普通にホームセンターにも売っています。

 

コーナンやナフコ、カインズホーム、DCMグループなどでも扱いがあります。
ただテンマブランドは売っていてもフィッツケースを売っていないというところもあるかもしれないので店舗ごとに確認が必要です。

 

また、たくさんの注文となると、ネット通販がやはりおすすめです。たくさんの注文ほど送料が無料になることが多いので、お店から家まで運ぶ手間を考えると非常に便利な世の中ですね♪

 

▼プラスチックケース専門店「テンマ」▼

 

 

※楽天などの個別ショップに関しては注意が必要です。私の勤めていたお店もそうでしたが、取り寄せ商品となっていることが多く、お客さんの注文を受けてから公式サイトへと注文します。そのため無駄な手間や時間が発生し、納期には結構かかってしまいます。

 

 

引き出し式収納ケースおすすめランキングはこちら

 

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加  

このページの先頭へ
失業と退職