MENU

引き出し式収納ケースのおすすめを元販売員がランキング!

引き出し式収納ケースおすすめランキング!人気ブランド徹底比較

 

衣替えや年末の衣類整理、新生活に欠かせない収納ケース。

 

どこのがオススメ?
選び方を教えて?

 

と知恵袋のようなサイトでも聞かれていたりしますね。
収納ケースはどこにでもたくさん売っているからこそ迷うもの。

 

大手通販ショップで収納ケース・衣装ケースを扱っていた管理人が、大手ブランドの収納ケースを辛口比較&勝手にランキングしています。
すぐにランキングを確認したい方はこちら
引き出し式収納ケースのおすすめランキング!

 

 


記事監修:Sの助

 

こんにちは。元●天ショップ傘下の収納用品ショップで通販・ページ作成担当をしていましたSの助です。

 

たくさんの収納ケースや衣装ケースに触れてきて、品質や違いに詳しくなりました。
たまにしか買わない収納用品だからこそ、大事に選びたいですね。あなたの収納ケース選びの参考にしてもらえれば幸いです。

 

 

収納ケースを選ぶポイント!

耐久性

引き出し式収納ケースおすすめランキング!人気ブランド徹底比較

 

収納ケースを1つだけで使うことはないですよね。積み重ねて使うのが普通ですし、上に物を置きたくなるので、耐久性が低いとすぐ壊れる、上の物の荷重で引き出しが開かないということになりがちです。

 

ある程度の耐久性は必要になります。

 

 

高さ・サイズ展開

引き出し式収納ケースおすすめランキング!人気ブランド徹底比較

 

押入れやクローゼットに入れて使うことを考えると、サイズ展開高さ展開のあるものほど、ぴったりと無駄のない収納が可能になります。

 

 

企画継続性

引き出し式収納ケースおすすめランキング!人気ブランド徹底比較

 

収納ケースは、収納スペースに合わせて買い足しということが考えられます。
すぐに企画の大きさが変わったり、廃盤になるようでは、なかなかリピーターも付きません。

 

 

デザイン性

引き出し式収納ケースおすすめランキング!人気ブランド徹底比較

 

収納ケースを押入れ内などではなく、表に出すような使い方をするときにはデザイン性も重要。
均一なものは部屋全体もすっきりと見えます。

 

 

機能性

引き出し式収納ケースおすすめランキング!人気ブランド徹底比較

 

単に収納ケースといえど、機能を持っているものも存在します。
例えば、「前倒れ防止」機能や、「落下防止ストッパー」、キャスター対応など。生活の中で、あると便利な機能も付加価値です。

 

 

 

以上5つのポイントを元にランキングします!

 

引き出し式収納ケースのおすすめランキング!

フィッツケース(テンマ)の特徴

プラスチックケースメーカー「テンマ」の収納ケース「フィッツケース」。

値段は少しますが、断トツで長持ちする収納ケースです。

タフさ、サイズ展開の豊富さ、機能性、企画継続性というところでもナンバーワン。

管理人イチオシの収納ケースです。

  • 異素材の前枠でたわみにくい
  • 全27種
  • 前倒れ防止機能(一部)
  • キャスター対応

価格 3280円(参考価格)
評価 評価5
備考 押し入れ用8種類
クローゼット用10種類
他9種類
フィッツケース(テンマ)の総評



収納ケースのラインナップは27種類。さすがはプラスチック専門企業。
このロゴも、一度は目にしたこともあるのではないでしょうか。

わざわざ入口の部分を丈夫な異素材のプラスチックにするなど、壊れにくい工夫もされていて、日本製で頑丈な収納ケースを作るメーカーです。
口コミでも「今まで衣装ケースと比べると別格にしっかりしている。」「10年間使用しても全く壊れない」など、ファンも多いです。

また、1988年に発売されてから約30年近くも、大きさが変わっていないのにも注目。
値段はそれなりにするものの、品質は一流です。
姉妹商品には「フィッツユニットケース」というシリーズもあり、こちらもおすすめ。

安い物を買ってすぐ壊れた経験のある方は、公式サイトをチェックすべしのおすすめ収納ケースです。

ポリプロピレン収納ケースの特徴

女性に人気の無印良品の収納ケース「ポリプロピレン収納ケース」。

シリーズも豊富で、余計なものがないデザインなので、スッキリと見た目が良い。

価格もそれほど高くなく、見える場所に使うにもおすすめです。

  • 全24種
  • キャスター対応

価格 1500円(参考価格)
評価 評価4
備考 押し入れ用3種類
クローゼット用9種類
他12種類
ポリプロピレン収納ケースの総評



何の印もない「無印」は秀逸なデザイン。まとめて置いてもキレイに見えます。

価格もそんなに高くなく、買いやすいでしょう。

難点は、押入れの衣装ケース使いとしては大きさが微妙なところ。
押入れに入れる収納ケースでは奥行74cmが普通ですが、無印の押し入れ用は65cm。奥に妙なスペースが生まれます。

また、シリーズは豊富ですが小物収納が多く、衣装ケースのような使い方というよりは、小物の整理に威力を発揮します。

また、ネット通販ならLOHACOがお得。本家のmujinet通販では個数が増えるほど送料も増えますが、LOHACOは1900円以上で送料無料になる上、ヤフーショッピングなどでも使えるTポイントが付きます。

チェスト E(アイリス)の特徴

生活用品のショップ、「アイリス」の「チェスト Eシリーズ」。

奥行が52.8cmが4種、66cmが2種、74cmが4種類あり、全10タイプです。

セット販売もされていて、価格も安いのが魅力です。

  • 全10種
  • キャスター非対応

価格 2138円(参考価格)
評価 評価3
備考 押し入れ用6種類
クローゼット用4種類
チェスト E(アイリス)の総評



生活用品全般を扱うだけあって収納ケースも豊富にあります。

チェストEシリーズはシンプルで、価格も高くはないけど、デザインと質は今ひとつ

手前が丸い意味はあまりないのでは。また、ケースの真ん中は押してみると結構たわむので、同じ物を重ねる以外で上に物を置くのはNGです。

プラスチック製品なので、価格を落とすのではなく、厚みを上げて欲しいところではありますが、
収納ケースはコスト優先!安い物で十分!という方にはおすすめできるものかと思います。

 

 

他のはないの?番外編(ニトリ、イケアなど)

他によく比べられるのは、「ニトリ」、「イケア」などがありますね。

 

ニトリと無印、どっちが良いの?とかよく言われています。

 

ニトリでも収納ケースの販売はあります。

 


ニトリ クローゼット衣装ケース

 

 

これ実は、昔私が使っていたことがある収納ケースです。

 

が、今回落選した理由は耐久性にあります。

 

詳しくは書きませんが、、、この経験を元に、慎重に収納ケースを見極めるようになりました。
ただ、価格はとっても安いので、収納ケースになればなんでも良い!とう方には良いかもしれません。

 

 

また、イケアでは、私たちが思い浮かべるような収納ケースではなく、
不織布の衣装ボックスのようなものはあり、これは収納ブロガーさんたちの間でも人気ですね。

 

引き出し式収納ケースおすすめランキング!人気ブランド徹底比較
IKEA・イケア 収納ボックス SKUBB(スクッブ)ボックス 仕切り付き

 

 

引き出し式収納ケースおすすめランキング!人気ブランド徹底比較
IKEA・イケア 収納ボックス SKUBB(スクッブ)/3ピース

 

 

裏1位?の番外編

引き出し式収納ケースおすすめランキング!人気ブランド徹底比較

 

1位で紹介した、「テンマ」の収納ケース「フィッツケース」。その姉妹シリーズには、「フィッツユニットケース」というシリーズもあります。

 

番外編で紹介した理由は、フィッツケースに比べて種類の展開が少ないのと、少し価格が高いのが理由です。
押し入れ用が6タイプ、クローゼット用が9タイプの全15種類となっています。(小さめ用がありません。)

 

ただ、一般的に欲しいであろう主要な大きさはそろっていますし、機能はフィッツケースを越えています

 

フィッツケースよりフィッツユニットケースが勝っているところは、

@前枠部分に金属を使っていてさらに丈夫
A前倒れ防止機能が全品番対応(フィッツケースは一部対応)
B落下防止機能が全品番対応(フィッツケースは一部対応)
C引き出す力が1/7になったので軽い
Dオプションの「棚」が追加できる

 

この中で、一番の優秀ポイントは、やはりDのオプションの「棚」が追加できるという点です。
引き出し式収納ケースおすすめランキング!人気ブランド徹底比較
↑ケースとケースの間に棚を置くことができる!

 

ケースどうしの間に棚を設置することで、押し入れやクローゼット内で無駄のない収納が可能になります。

 

追加棚の幅は15cmと30cmの2種類があり、「収納ケースの横のスペースがなんかもったいないよ。」という時にとても便利です。

 

詳しい比較はこちらがわかりやすいです。
フィッツケースとフィッツユニットケースの違い

 

「フィッツケースが良いのはわかったけど、もう少しお金を出して無駄のない機能的な収納ケースが欲しい」という方にはフィッツユニットケースがおすすめです。

 

 

 

 

どっちを買う?高くて高品質or安くて低品質

やはり収納のプロ(だと思っている)私としては、お値段は多少高くても良いものをおすすめしたいと思います。

 

もちろん、高ければ全部が高品質ということでもありませんが。

 

最近はどんな商品でもそうですが、安くて、質の悪いものがたくさん出回っています。

 

収納ケースを見る場合は是非、「プラスチックの厚さ」を見てください。
質の良くないもの、安いものほど、素材であるプラスチックが薄くなる傾向があります。

 

消費者にわからないように価格を簡単に落とすには、形でなくプラスチックの厚さを落とすんです。

 

壊れたらまた買わないといけないですし、ゴミとして出すのにも切り刻んで小さくしたり、お金がかかったり一苦労です。

 

こう言った「後からかかるコスト」も加味して比べると、結局のところ価格は大差はなくなってくるので、おすすめのブランドランキングの根拠として述べたいと思います。

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加  

このページの先頭へ
失業と退職